【手技療法の先生を憧れの仕事にしたい】

本日は、
姿勢治療家を子供達の憧れの仕事にする
私のビジョンに近づく一歩を歩み出せた日でした。

鍼灸学校の老舗
後藤衛生学園さんの臨床教育専攻科(教員養成課程2年生)の
卒業記念講演としてお招きいただきました。

私の父とも仲の良い、
後藤先生の計らいで実現させていただきました。

テーマは、
「鍼灸・整体など、混沌とする医療業界の中で考え方やあり方」
を私の経験に基づいて
思いを込めて話させていただきました。

手技の世界は、セラピストなるものや、リラクゼーション業界ができてきたことで
かなり、混沌としています。

80時間の教育で開業している整体もあるのが現状です。

そんな中、国家資格を持っている
鍼灸師や柔道整復師の先生方が、3年2400時間以上かけて
資格を取り、さらに数多くの学びをしているにも
関わららず、自費診療で苦戦している
話をよく伺います。

だからこそ今すぐお役に立てそうな内容で
お伝えしました。なぜ、姿勢治療家にしたか?なぜ、姿勢を伝えてきたか?

『姿勢を伝える時に本当に大切なこと』
を惜しみなくお伝えしました。

あまり、書籍にも書いておらず、
スタッフにしか伝えていなかった、本当の話も伝えました。

これから、
本物の先生が、本物として輝く時代が目の前に来ています。

しかも、
人生100年時代になる時に多くの人が健康をさらに求め始めます。

今だからこそ、健康にできる仕事は、ニーズがあります。

 

自由を謳歌するような先生が楽しく、輝き
子供達が憧れたくなる先生がここから、産まれますように。

とそんなお持ちでお伝えしました。

 

実技では、やっぱり構造的な分析をお伝えするのが
とても興味を持っていただき評判が良かったようです。

 

今回、プロフェッショナルな方々が
興味を持たれるポイントも少しわかったような気がいます。

来年に始める、国家資格者のための姿勢分析講座
ブランディング講座の前に

そのための基礎講座
「疲れない姿勢」認定講座(仮)をまずは
スタートさせていきたいと思います!

後藤衛生学園の皆様
大変おせわになりました。
ありがとうございました。

姿勢が変わると人生が変わる。

姿勢治療家®️ 創始者
仲野孝明