社員が健康になると、会社は健康になる。

健康リテラシーを高め、健康的な環境を整えることが
これから先の企業の力を高める一歩です。

カラダの専門家が、個人と企業の力を最大限発揮できる環境構築を
“健康”の側面から支援します。

個人と企業がパフォーマンスを最大限発揮するには、“健康”であることが大前提です。
「いい会社は、組織も個人も健康リテラシーが高い。」
そう言われる企業を増やし、日本、そして世界の個人と企業の「身体・精神・業績」を本当の意味で健康にする。
それがNOKプロジェクトです。

今現在あなたの職場では、いつも健康的で最大限のパフォーマンスを発揮している社員はどれぐらいいるでしょうか?
もしくは、慢性的な不調を抱えながらもその場しのぎで仕事をこなしている社員を多く見かけますか?

技術が進歩し、個人の価値観も変化するなかで、企業の在り方と個人のワークスタイルは大きく変わりつつあります。
数年前「これからのビジネスパーソンに必要なリテラシーは“ITリテラシーだ”と言う時代がありました。

しかし、これからは企業がチームとしてパフォーマンスを最大限発揮し、成果として残していくために何よりも重要視されるのは、
社員である個人が“健康リテラシー”を高めることで、自己管理能力を伸ばし、自分自身をマネジメントしながら、
最大限のパフォーマンスを発揮することで本当に良い会社として成長していけるのではないでしょうか。

そして、企業の経営者及び健保組合は、社員が健康を害してから対処するのではなく、
いかにチームの一人一人がパフォーマンスを最大化していける状態をつくるために、
体制、職場環境を構築するのかに注力する必要があると私達は考えています。

NOKでは、個人と企業が日々抱えている健康面の課題に対して、最大限パフォーマンスを発揮できるように、
カラダの専門家が健康教育研修プログラムを提供し、職場環境を改善するためのコンサルティングを実施、
本当の意味で組織と個人が健康的に発展できるよう貢献いたします。

NOKプロジェクト導入の会社様の声
http://www.spiceworks.co.jp/blog/?p=2965

http://www.spiceworks.co.jp/blog/?p=4039